BpQbLhECIAE1GFN

作り物かどうか目を凝らさないと分からない完成度。しかも可動式!って誰得・・・と思いながらも結構欲しくなってしまう、ダイオウグソクムシのフィギュアが話題になっています。

Twitterの分割されている画像はクリックでそれぞれ拡大出来ます。

フィギュアを制作したのは大ブームを巻き起こした『コップのフチ子』でお馴染みの『株式会社奇譚クラブ』。どこにも無いアイデアとクオリティをモットーに愛のあるモノづくりを・・・と公式サイトの説明にある通り、ガチャガチャを中心にとても風変りな商品を生み出し続けている会社です。

kitanclub
株式会社奇譚クラブ 公式サイト KITAN CLUB

今回ご紹介したダイオウグソクムシのフィギュアは奇譚クラブが制作する生物フィギュア専門のブランド『ネイチャーテクニカラー』から発売される商品との事。価格や時期などの詳細は分からないものの、Twitterで制作過程などが公開され話題に。最初にご紹介した画像が掲載された呟きは、この記事を作成している時点で2890RT 1345favoの大ヒットとなっています。



下は打ち合わせの模様。分解されたダイオウグソクムシくんが若干グロイ気もしますが、段々愛らしく見えて来るから不思議です。

興味のある方は発売を楽しみにお待ち下さい。

なお、ネイチャーテクニカラーでは他にもリアルなフィギュアを販売しているようですので、こういった造形が気になる方はそちらも合わせてご覧下さい。

ntc_20_DP
とてもリアルな山菜。

flogg
テーブルに乗っていたら ビクッ となりそうなアマガエル・・・

ネイチャーテクニカラー公式サイト


ネットの熱い波をご紹介するRed Wave Newsは皆様の『コメント』や『目安箱へのネタ投稿』と共に歩むサイト作りを目指しております。是非、気軽に投稿して頂けます様お願い申し上げます。産まれたばかりのサイトですが今後ともどうかよろしくお願い致します。